忍者ブログ
日常のちょっとした出来事から、読んだ本(ジャンル問わず、新旧含む)映画などの感想ブログです
[1] [2] [3] [4] [5] [6


ストーリー
愛する人を救うため、滅びの錆を強弓が貫く 。疾風無頼の冒険譚!
『このライトノベルがすごい!2019』(宝島社 刊)文庫部門 総合・新作で史上初ダブル1位を獲得!
第24回電撃小説大賞の中で“一番ぶっとんでいる”と評された、
怒濤の≪銀賞≫受賞作!
すべてを錆つかせ、人類を死の脅威に陥れる《錆び風》の中を駆け抜ける、疾風無頼の「キノコ守り」赤星ビスコ。彼は、師匠を救うための霊薬キノコ《錆喰い》を求め旅をしていた。
美貌の少年医師・ミロを相棒に、波乱の冒険へ飛び出すビスコ。行く手に広がる埼玉鉄砂漠、文明を滅ぼした防衛兵器の遺構にできた街、大蛸の巣くう地下鉄の廃線――。過酷な道中で次々に迫る脅威を、ミロの知恵の閃きと、ビスコ必中のキノコ矢が貫く! しかし、その先には邪悪な県知事の奸計が――。愛する人を救うため、強弓が撃ち抜く冒険ファンタジー!

久々に本の感想です。ラノベ、久しく読んでなかったんですがちょっと気になっていたラノベだでした。普通に面白かったです。
設定と世界観が独特で、主人公はキノコを弓を使って咲かせることができます。キノコ。何故かキノコの設定があって主人公は弓を使うという。弓を使う主人公って珍しいかも。何でキノコやねんwという疑問はありましたけど、まあそこは深くつっこまないでおく。
日本をベースにしたファンタジーな感じでディストピアものです。
アクションシーンは多めで、友情もあり、熱い展開、躍動感がある作品でした。名前の付け方も凄いセンスだなと思います。赤星ビスコとか猫柳ミロとか大茶釜チロルとか。ビスコってあのお菓子のビスコだしw
ディストピアものは好きなのでそこも私には合ってたのかなと思います。ディストピアの雰囲気が好きなんですよね…。荒廃感とか絶望感みたいな。

拍手[1回]

PR
ストーリー
交通事故に遭った男女を襲う“無関心”という恐怖を描く表題作、引きこもりの果てに家庭内暴力に走った息子の殺害を企てる夫婦の絶望(『倅解体』)。孤独に暮らす女性にふりかかる理不尽な災禍(『仔猫と天然ガス』)。定年を迎えたその日、同僚たちに手のひら返しの仕打ちを受ける男のおののき(『定年忌』)ほか、理解不能な他人たちに囲まれているという日常的不安が生み出す悪夢を描く14編。

グロイ、暴力、エグイ、何とも言えない気持ち悪さと理不尽さがつまった一冊でした。
読んだ中で個人的な好みというか印象に残ったお話しの感想を。
ちなみにネタバレありです!














卒解体 
引きこもりの息子を夫婦が殺そうとする話。
息子を殺す方法とかをさらっとリビングでしているのが怖い。
妻の方は精神的に不安定で不気味だし、夫は殺す気満々という。
殺そうとしていた息子は実はすでに死んでいて、妻が夫を殺そうとしているところで終わり。
子猫と天然ガス 
一人身で体が不自由な女性の話。
突然青年二人組が入ってきて、主人公とプロレスがしたいと言い出して一方的にプロレスされます。とにかくエグイ。そして、グロイ。読んでいてちょいと辛かったです。
主人公はぼろぼろにされて死んでしまいます。とにかく暴力的で理不尽なお話し。
定年忌 
定年を迎えると国から一切の保障がなくなる日本が舞台。
定年を迎えた日、会社の人間から暴力や暴言を受けます。今までのうっぷん晴らしみたいな感じです。何とか無事に家に帰った主人公でしたが、妻と息子に心配されるものの妻と息子に殺されるんですね。
何故心配したかというと、自分達の手で殺したかったからです。怖すぎる…。
人間失格 
自殺しようとする男女のお話し。
女の方は本気で死ぬ気だったが、男は死ぬ気はなく嘘をついてました。
男は人の死ぬところを見たくて嘘をついて希望をもたせて落とすというゲームをしていたらしく。それを聞いた女は橋から飛び降りて自殺。男はその瞬間をデジカメで写真をとって恋人に電話をして終わる。
もう、サイテーとしかいえない。でも、この話結構好きなんですよね。

拍手[1回]

ストーリー
僕はパニックキュート。人々の間に混乱と恐怖をまき散らして、その後で安心させて社会を安定させるのが仕事だ。人間なんて目先の感情でしか動けないんだからチョロいもんさ、って思ってたんだけど、どうも変なヤツがいるらしい。人が人生で一番美しい瞬間に現れる死神が、この支配を揺るがす可能性があるみたいなんだ。女子高生の噂話の中でしか現れない、そいつの名はブギーポップ。ここはヤツと直に話をつけなきゃならないようだね。手伝ってくれないか、末真和子さん――人類を過剰進化から守護する統和機構にあっても異質な能力が、都市伝説の黒い影を追うとき、取り返しのつかない虚無への扉が開く。奇妙な帝王学に導かれた異形の観念のもとで、世界が選ぶのは透明な絶望か、無明の死神か……?

ブギーポップアニメ化!というか明日から始まるわけですが、楽しみです!
今回は末間のお話し。
末間というキャラが好きなので今回も面白かったです。このキャラは会話が面白いですね。後、お強いw
そして、帝王学のお話しでもありました。美しさにこだわるパニックキュート。
パニックキュートとは異なる美しさの考えのブギーポップ。
その二人の対決とそれに巻き込まれる末間。
あまりバトルバトルしてなくて、今作は哲学的だったのが印象だったかなと個人的に思います。

拍手[1回]

ストーリー
若槻慎二は、生命保険会社の京都支社で保険金の支払い査定に忙殺されていた。ある日、顧客の家に呼び出され、期せずして子供の首吊り死体の第一発見者になってしまう。ほどなく死亡保険金が請求されるが、顧客の不審な態度から他殺を確信していた若槻は、独自調査に乗り出す。信じられない悪夢が待ち受けていることも知らずに…。恐怖の連続、桁外れのサスペンス。読者を未だ曾てない戦慄の境地へと導く衝撃のノンストップ長編。第4回日本ホラー小説大賞大賞受賞作。

面白かった!
貴志祐介の作品はいくつか読んだけれど、この作品は初めて。
じわじわとくる怖さにひきこまれ、保険の仕事のことも読んでて面白かった。包丁持って追い詰められていくってほんと、怖い。後、気持ち悪いけどそれもまた怖さをひきたてていて良かったです。そして、人間ってやっぱり怖いなと思いました。金が絡むと特に。
やっぱり貴志祐介の作品は面白いなと思います。

拍手[1回]

ストーリー
自分は少女誘拐監禁事件の被害者だったという驚くべき手記を残して、作家が消えた。黒く汚れた男の爪、饐えた臭い、含んだ水の鉄錆の味。性と暴力の気配が満ちる密室で、少女が夜毎に育てた毒の夢と男の欲望とが交錯する。誰にも明かされない真実をめぐって少女に注がれた隠微な視線、幾重にも重なり合った虚構と現実の姿を、独創的なリアリズムを駆使して描出した傑作長編。


桐野さんの作品二作目。最初は東京島を読みました。あの読後感のもやもや感と後味の悪さが他の作品にもあるのかな と気になり、読んでみましたが、やっぱり後味悪かった!wそして、もやもやしました。 何が本当で何が嘘なのか?最後まで色々と謎でしたね。 だんだんと明かされていく事実?に驚きますが、じわじわとした怖さがあって何ともいえない気持ちになりました。 気持ち悪いというのかなあ。登場人物が皆ちょっとって感じ。犯人もだけど、主人公が実は一番怖いんじゃないのかなと思ったりもしました。異常性がありすぎる。 この人の作品って後味悪いけど、ついつい読みたくなるような感じのような気がします。中毒性あるのかなw

拍手[1回]

カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
3 4
5 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
min
性別:
女性
趣味:
映画鑑賞、読書、アニメ、ゲームなど
自己紹介:
マイペースに色々活動中。
ブログ内検索
最新コメント
[05/09 min]
[05/08 卸]
[04/30 min]
[04/30 卸]
[06/25 min]
ランキング
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村 本ブログへ
リンク

【当サイトのリンクについて】

Book of Days!はリンクフリーです。

【素敵サイト様】

浮雲
戦ヴァルブログ
何とかなれば良いと思う
アイザックの日常その他日記

【ゲームサイトとか、趣味のリンク】

大神絶景版公式サイト

読んでる本
読書メーター
min3870の今読んでる本
オススメ本
Copyright ©   Book of Days! 読書漬けな日々   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]