忍者ブログ
日常のちょっとした出来事から、読んだ本や映画などの感想ブログです
[1] [2] [3] [4] [5] [6
 

ストーリー
1955年7月、サマセット州にあるパイ屋敷の家政婦の葬儀が、しめやかに執りおこなわれた。鍵のかかった屋敷の階段の下で倒れていた彼女は、掃除機のコードに足を引っかけたのか、あるいは…。その死は、小さな村の人間関係に少しずつひびを入れていく。余命わずかな名探偵アティカス・ピュントの推理は―。アガサ・クリスティへの愛に満ちた完璧なるオマージュ・ミステリ!




ストーリー
名探偵アティカス・ピュントのシリーズ最新作『カササギ殺人事件』の原稿を結末部分まで読んだ編集者のわたしは、あまりのことに激怒する。ミステリを読んでいて、こんなに腹立たしいことってある?原因を突きとめられず、さらに憤りを募らせるわたしを待っていたのは、予想もしない事態だった―。ミステリ界のトップランナーが贈る、全ミステリファンへの最高のプレゼント!

前々から気になっていたので、我慢しきれず買ってしまいました(笑)
感想は…面白かった!上下巻で二つのミステリーを楽しめるという!
入れ子構造のミステリーって読んだことがない(たぶん)ので、それも面白かったし上巻との話がつながっていて伏線や犯人探しなんかはとても楽しめました。
怪しい人達がいっぱいいるので本当に楽しいですw
それにしても、このミステリーは凄いなと思いました。上巻読み終わった後に下巻をすぐ読みたくなって読んだら下巻の展開にえっ!続きは!?ってたぶんなると思います。私はそうでしたw
気になるのにその展開~って思いましたけど、読めば納得でした。
構成が上手かったですね。登場人物は多いけれど、どのキャラも背景が書かれていたしスムーズに物語に入っていけるようになっていたのであまり混乱はしなかったです。
まあ、それでも人物の名前を確認する為に戻りましたがw
他にも楽しめたところは細かいところでいうと、アガサクリスティのアクロイド殺しにでてくる村の名前キングズアボットやそして誰もいなくなったの童謡のようなものも盛り込まれていて、私はニヤっとしました。これはあの作品だってすぐに分かりましたw
ミステリー好きな私としてはこの本は久しぶりに抜群に面白かったと思えた作品でした。褒めすぎかな…?(笑)

拍手[2回]

PR

拍手[2回]



ストーリー
ニューヨークのどまんなかにとり残された前世紀の古邸グリーン家で、二人の娘が射たれるという惨劇がもちあがった。この事件をかわきりに、一家のみな殺しを企てる姿なき殺人者が跳梁する。神のごときファイロ・ヴァンス探偵にも、さすがに焦慮の色が加わった。一ダースにのぼる著者の作品中でも、一、二を争うといわれる超A級の名作

古典的名作ということで一度読んでみようかなと思って、この作品が面白いということでした!ヴァン・ダインの作品は初めて読みましたが、びっしりと書いてあるわりに意外と読みやすかったです(読みにくい部分もありましたが)
ちょっと長かったんですが、最後まで読ませる構成の上手さは凄いなと思いました。
中盤から読むのとまらなくなりましたね。まあ、ファィロ・ヴァンスという探偵キャラが個人的には面白くてどう解決するのかなと思って読みたくなったんですが。ストーリーは身内同士のドロドロした関係性、秘密とかを暴いて進んでいくので(ドラマなんかでよくあるある)そこまで面白いとは思わなかったですけど。たくさんキャラがいるんですが、一人ずつ殺されていくので必然的に犯人が絞られていくものの面白かったですね。
ただ、地味な解決だったというか、解決に至る過程が中々進まずで後半から一気にという感じだったので爽快感はなかったかも。後半からは解決&犯人まで一直線なのでスピード感があって一気に読み進みたくなりました。

拍手[1回]



ストーリー
あたしはメアリ・キャサリン・ブラックウッド。ほかの家族が殺されたこの屋敷で、姉のコニーと暮らしている…。悪意に満ちた外界に背を向け、空想が彩る閉じた世界で過ごす幸せな日々。しかし従兄チャールズの来訪が、美しく病んだ世界に大きな変化をもたらそうとしていた。“魔女”と呼ばれた女流作家が、超自然的要素を排し、少女の視線から人間心理に潜む邪悪を描いた傑作。

ネットで紹介されていたのを見て購入。
何とも不思議な感じの本でした。それと、人の悪意が凄い。こんなに気分が悪くなる悪意はそうそうないと思います。
出てくる登場人物はまともそうに見えておかしな人間ばかり。どこか歪んだ日常が壊れかかる時メアリが何をするのかハラハラします。
メアリから見たら姉が一番大事で他は敵だと思っているので、村人は相当悪く書かれていて、色々ハッキリとしないことも多いですが、引き込まれてしまう不思議なお話しだなと思いました。メアリ視点なので本当に全てが現実なのか?妄想なのか?姉を守る為ならどんなこともしようとするメアリ。メアリの狂気と歪んでいる世界を読んでみたいと個人的には思いました。
はっきりとは明かされていないですが、メアリが歪んでしまったのは過去に受けた出来事が原因
でそうならざるをえなかったのかなとも思います。
家族からの扱いの酷さや虐待、そういうものがあったようなことが書かれているので。
メアリがなぜそうなってしまったのかという背景を考えるとメアリは被害者だったのかなとも思います

拍手[1回]


ストーリー
―この物音は、何か可怪(おか)しい。
何かが畳を擦る音、いるはずのない赤ん坊の泣き声。転居先で起きる怪異に潜む因縁とは――山本周五郎賞受賞、戦慄のドキュメンタリー・ホラー。
この家は、どこか可怪(おか)しい。転居したばかりの部屋で、何かが畳を擦る音が聞こえ、背後には気配が……。だから、人が居着かないのか。何の変哲もないマンションで起きる怪異現象を調べるうち、ある因縁が浮かび上がる。かつて、ここでむかえた最期とは。怨みを伴う死は「穢(けが)れ」となり、感染は拡大するというのだが──山本周五郎賞受賞、戦慄の傑作ドキュメンタリー・ホラー長編!

映画を見て原作を読んでみたかったので購入。
怖かったです。何が怖いって、本当に本から出てきそうな、何かが滲みだしてきそうな感覚が怖いというか。後、じわりとくる怖さ。手元にこの本持っておきたくないなって思いましたね。
そういうの初めてで、夜に読んでたら夢にでてきたからなおさら怖いというかw
結構影響を受けてしまうのでこれは夜に読んだらいけないやつだ!と勝手に思いましたw
まあ、内容は淡々と進んでいって、映画とはちょこっと違う感じでしたけど原作の方が好きですね。終わり方がスッキリしない感じですが、それも何か別な怖さがあったり想像したりできるのでいいんじゃないかなと思います。
ちなみに、鬼談百景の話ともリンクしています。ぶらんこと欄間の話が個人的には好きですね。怖いけど。


ストーリー
学校に建つ男女の生徒を象った銅像。その切り落とされた指先が指し示す先は…(「未来へ」)。真夜中の旧校舎の階段は“増える”。子どもたちはそれを確かめるために集合し…(「増える階段」)。まだあどけない娘は時折食い入るように、何もない宙を見つめ、にっこり笑って「ぶらんこ」と指差す(「お気に入り」)。読むほどに恐怖がいや増す―虚実相なかばする怪談文芸の頂点を極めた傑作!初めての百物語怪談本。

こっちもついでに。残穢とリンクしている話がちらほらあります。
短編集で1~3pずつの短いお話し。99話あって、残穢が100話目になるらしいですね。
本当に怖い話からちょっと切なかったりしんみりした感じの話までの怪談話。
短い中で分かりやすく怖く書けるのが凄いなと思いました。
こっちは面白い怖さというか、普通に楽しめる程よい怖さだったかなと思います。

拍手[1回]

カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 21
23 25 26 27 28 29
プロフィール
HN:
min
性別:
女性
趣味:
映画鑑賞、読書、アニメ、ゲームなど
自己紹介:
マイペースに色々活動中。
ブログ内検索
最新コメント
[05/09 min]
[05/08 卸]
[04/30 min]
[04/30 卸]
[06/25 min]
ランキング
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村 本ブログへ
リンク

【当サイトのリンクについて】

Book of Days!はリンクフリーです。

【素敵サイト様】

浮雲
戦ヴァルブログ
何とかなれば良いと思う
アイザックの日常その他日記

【ゲームサイトとか、趣味のリンク】

大神絶景版公式サイト

オススメ本
Copyright ©   Book of Days! 読書漬けな日々   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]