忍者ブログ
日常のちょっとした出来事から、読んだ本や映画などの感想ブログです
[1] [2] [3] [4] [5] [6


ストーリー
療養型病院にピエロの仮面をかぶった強盗犯が籠城し、自らが撃った女の治療を要求した。
先輩医師の代わりに当直バイトを務める外科医・速水秀悟は、事件に巻き込まれる。
秀悟は女を治療し、脱出を試みるうち、病院に隠された秘密を知る――。
そして「彼女だけは救いたい……」と心に誓う。
閉ざされた病院でくり広げられる究極の心理戦。迎える衝撃の結末とは。

今、映画でやってるのを見て面白そうだな~と思って、買ってみました。
知念さんの作品はこれが初でしたが読みやすかったですね~。
最近のカササギとかテーマは殺人とか海外ミステリー読んだ後に読むとだいぶ読むのが楽でしたw読む時間半分ぐらいで読めたw(2~3時間)

久しぶりの医療ミステリーでしたが、過不足のない描写でダラダラせずテンポも良くて面白かったです。色々と予想できましたが、しっかりとしたミステリーでオチも楽しめましたね。
病院っていう場所でクローズドサークルになってるのも良い。
それから、医療ミステリーだけど初めて医療ミステリーを読むにはちょうどいいのではないかなと思いました。そんなに難しい専門用語もなく複雑なストーリーではないので分かりやすいし、読みやすいので一気に読める感じです。

ミステリーとしても面白かったんですが、過不足なく伝えるというのも凄いなと思いました。
情報が多くても少なすぎても駄目なんですけど、この作品はちょうどいいなと思いました。
だからテンポがいいのかな~と。数ページで事件が始まるのも読者を引き込むには良かったですし、あまり長いとせっかちな読者はすぐに飽きますw


※ここからネタバレ!










結局、ヒロイン愛美が自分の臓器を院長達が奪ったことへの復讐の為に計画を練り、まんまと復讐を果たしたわけですが、主人公は最初から愛美の手のひらで踊らされていたということになります。すべては偶然ではなく最初から計画されていたというから驚きです。てか、怖い。
愛美は怪しいなあ…と思っていましたが。途中から変な動きもしてるし。何かあるなあと思っていましたが、愛美が最初から病院の患者であったということは驚きでした。
この作品、テンポが早いからなのかすぐに怪しいと感じる人達を出してきます。もう主人公が凄い勢いで秘密を暴いていくので犯人もだいぶ絞られます。
まあ、大体登場人物は何らかの関係性がある人なので、冒頭の男も何か関係してるんだろうな~と思ったらピエロでした。やっぱりね!
伏線もあの時のやつはそういう伏線だったのか!って感じで分かりやすく気付きやすいです。
ホワイトボードのマジックペンをポケットに入れたのも後で使うんだろうなーとか色々後の展開を想像したりなどなど。
ミステリーたくさん読んでる人には物足りないかもしれませんが、さくっと読めるので暇つぶしには良い本だなと思いました。

拍手[1回]

PR



ストーリー
妻に先立たれ、人に心を許さず頑固生きる一人暮らしの老人と、学校にも行かず仕事もない隣人の少年との交流を描いた、クリント・イーストウッド主演・監督による感動のドラマ。


※ネタバレあり!












監督 クリント・イーストウッド


グラン・トリノ良い映画でした~。
偏屈でアジア人が嫌いだった主人公コワルスキーが隣に引っ越してきたアジア人、モン族を最初は毛嫌いしていたんですが、交流していく内にだんだん仲良くなって最後はそのモン族の姉弟の為に自分を犠牲にするんですけど…。偏屈で心を閉ざしている主人公が心を開いていく過程とかそういうのがあってからのラストはもう感動でした。

コワルスキーは昔ながらの堅物な人間で偏屈な老人。妻を亡くし、家族との交流もなく孤独な生活を送っている。
朝鮮戦争に行ったこともあり、アジア人を嫌っている。
他人が自分の家の芝生に入ることを嫌い、愛車のグラン・トリノを大切にしている。
そんなコワルスキーがある日、隣に引っ越してきたタオという少年がグラン・トリノを盗もうとしていたところを発見します。
タオは従妹達に無理やり命じられてやったことでしたがコワルスキーに発見され失敗しギャングの従兄達からつめよられます。コワルスキーはその従兄を追い払い、タオを救ったことがきっかけでタオとの交流が始まります。


お互いに心を開いていく過程がいいんですよね。
最初が心を開いていない状態からの変化が見ていてああ、こういうやりとりとかいいなと思う。なんだかんだで助けたりするし、タオの為に世話やいてるし、恋愛アドバイスまでしてるしw最終的にタオのことを友達だと言いますしね。


そして、タオに絡んでくる従兄達がしつこい。
コワルスキーの紹介で建設現場で働くようになったタオに従兄達が絡んできます。
しつこい従兄達にコワルスキーが突撃。従兄の取り巻きの一人にタオにかまうなと忠告&ボコボコにするんですが、そのせいでタオの家が襲撃され姉のスーは暴行&レイプを受けてしまいます。タオは従兄のところに乗り込み復讐しようとします。
しかし、コワルスキーはタオを行かせまいと地下室に閉じ込め一人で行きます。
戦争で人を殺したことのあるコワルスキーは人を殺させたくなかったのではないかなと。神父への懺悔で戦争で人を殺したことについては懺悔しませんでしたが、心の中には罪悪感があったと思います。
一人で行ったコワルスキーは従兄に自分を殺させ刑務所に入れてタオとスーから遠ざけるという道を選びました。人を殺さない道。
その後、遺言状でグラン・トリノはタオに譲ることとコワルスキーがタオに車に変なことするなよと釘をさしていくのが最後までコワルスキーらしいと思いました。グラン・トリノを狙っていた息子や孫が驚くのはちょっとニヤリとしちゃいました。譲られるのがタオで良かった。
クレジットはタオがグラン・トリノを走らせるという場面をうつしながら終わります。
そのシーンの音楽や余韻が残るようなラストはとても感動的で凄く良かったです。


ちなみに、モン族とがどういう流れでアメリカに来たのか(作品内でちょっと触れてますね)、フォードのことやグラン・トリノという車、コワルスキーが生きていた時代などを知っていればもっと作品を深く理解できたのかなと思います。

拍手[1回]

先日、常設してからのカービィカフェに初めて行きました!
常設してくれて本当にありがたいです!入口はこんな感じのオブジェクトがありました~。



店内のインテリアや配置などもちょっと変わってましたね。中央にはウィスピーウッズが。人が映っているため写真は載せられませんが
全体的に前よりオシャレな感じになった気がします。

誕生日月ということで、誕生日プレートにしてもらいました!
可愛い!そして嬉しかったです♪



今回は普通のお料理注文。パスタ美味しかったです。外れがないですねカービィカフェ。さすが。
  


店内の様子。相変わらず小物とか可愛いし、素敵なカービィ空間が広がってました!







コースターも誕生日月のゲット。他コースターはワドルディでした。どっちも可愛い!


満喫してきたとはいえ、他のメニューも食べたいやつあるし、特典も欲しいし。まだまだ行きたりないのでまた行きたいですね!

拍手[2回]

この前の忍者ブログで大きな障害もあったのもきっかけの一つですが、前から使いにくくなったなと思っていたので引っ越ししようかなーと迷い中です。引っ越しする場合はまたお知らせします。

拍手[1回]



ストーリー
自らの葬儀の手配をしたまさにその日、資産家の老婦人は絞殺された。彼女は自分が殺されると知っていたのか? 作家のわたし、アンソニー・ホロヴィッツは、ドラマ『インジャスティス』の脚本執筆で知りあったホーソーンという元刑事から連絡を受ける。この奇妙な事件を捜査する自分を本にしないかというのだ。かくしてわたしは、きわめて有能だが偏屈な男と行動をともにすることに……。ワトスン役は著者自身、謎解きの魅力全開の犯人当てミステリ!


カササギに続き、アンソニー・ホロヴィッツの作品を読了。
こっちも気になっていたので買いました!
いやー、こっちの作品も面白かったですね。自分の好みとしてはカササギの方がインパクトあって好きだなーと思いました。
でも、こっちの作品も面白くて好きです。作家のアンソニー(助手役)視点で話が進み、ホーソーンという探偵役が出てきてなんだかんだありながら事件を解決していきます。
私はホームズを読んだことがないのですが、調べて見るとホームズとワトソンみたいな感じらしいです。
まあ、面白ければ何でもいいかな(笑)
普通のミステリーでしたが伏線などはちゃんと提示され、謎もすべて解決されもやもやとしたものが残らず、スッキリ解決されていました。
そして、ホーソーンという人物が個人的には魅力のある人物だと思いました。作中ではどんな人物なのかをあまり分かりません。私生活や趣味や好みなんかは聞いても答えてくれず。でも、切れ者だということは確か。最後の最後でプラモ作りが趣味だということが判明して可愛い部分もあったりするんですが、謎な人物なので気になるキャラですね。
登場人物が多く、覚えられなくて何度も最初の人物紹介に戻り関係性を把握するので手一杯になってしまい、伏線などの見逃しもあったので一度読んだだけでは分からず。ちゃんと手がかり見つけて読み解けば犯人とか色々分かったのでは…?と思いました。ちょっと悔しい。
読み返すということもできましたが、アンソニーと同様犯人を知りたいという気持ちが大きくて早く最後まで読みたいってなっちゃいました。もったいなかったかな。
まあ、続編も出るみたいで、アンソニーとホーソーンの関係性がこれからどうなっていくのか気になる&楽しかったので、続編が出たら買いたいですね。
今度はじっくり読み込んで、ちゃんと伏線とか探して推理したいところ。

拍手[1回]

   次のページ
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
min
性別:
女性
趣味:
映画鑑賞、読書、アニメ、ゲームなど
自己紹介:
マイペースに色々活動中。
ブログ内検索
最新コメント
[05/09 min]
[05/08 卸]
[04/30 min]
[04/30 卸]
[06/25 min]
ランキング
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村 本ブログへ
リンク

【当サイトのリンクについて】

Book of Days!はリンクフリーです。

【素敵サイト様】

浮雲
戦ヴァルブログ
何とかなれば良いと思う
アイザックの日常その他日記

【ゲームサイトとか、趣味のリンク】

大神絶景版公式サイト

オススメ本
Copyright ©   Book of Days! 読書漬けな日々   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]