忍者ブログ
日常のちょっとした出来事から、読んだ本や映画などの感想ブログです
[1] [2] [3] [4] [5] [6


ストーリー
「グラン・トリノ」「ミスティック・リバー」のクリント・イーストウッドが監督・主演のヒューマン・ドラマ。小さなボクシング・ジムを営む老トレーナー、フランキー。ある日、31歳になる女性マギーがフランキーに弟子入りを志願するが、追い返してしまう。フランキーの親友スクラップは、諦めずジムに通うマギーの素質と根性を見抜き、目をかける。フランキーはついにトレーナーを引き受けるのだが…。

監督 クリント・イーストウッド

昔に見て、もう一度見なおしてみようと思って見ましたが、やっぱり悲しいお話しだなと感じました。そして、過酷な現実を描いています。

※ネタバレあり

















最初からネタバレしちゃいます。最後、マギーが死んでしまいます。フランキーもどうなったか分からないという結末。
マギーとフランキーの仲が深まっていくのを見ているから余計に最後は悲しかったです。
フランキーは絶縁状態の娘がいて、マギーは家族がいるけれど、マギーの家族は娘よりも金の心配をしたりと最低な家族です。父親は唯一愛情を注いでくれましたが、父親は亡くなっています。
そんな二人がお互いを必要としていって、だんだんマギーにとってはフランキーが父親のような存在になり、フランキーもマギーを娘のような存在と思ってくる。本当の家族よりも家族らしく愛情を注いでいく。
そして、ボクシングの試合で怪我をしたマギーは下半身不随で呼吸も機械に頼らないといけない体に。ディズニーランドによってきた後に見舞いにきた家族からはマギーよりも娘の金を心配し、マギーは家族をおいだす。その後マギーはフランキーに殺してくれと頼み、フランキーはモ・クシュラ『愛する人よ、お前は私の血』の意味を伝えてマギーの呼吸器を外してアドレナリンを投与します。
その後、フランキーはマギーと一緒に行ったレモンパイのお店にいる?カットで終わるんですが、本当に悲しくて切ない。マギーとフランクの関係性が丁寧に描かれているので尚更。
マギーに殺してくれと言われて、迷い苦悩するフランキーの姿も見ていてこっちまで辛い気持ちになりました。そんなこと言われてしまったら悩みますね。そういうのも含め、見終わった後に色々考えさせられる映画だなと思いました。家族の愛情と希望と絶望。
結末はハッピーエンドではないし辛いけれど、とても良い…いい意味でも悪い意味でも心を揺さぶられる映画だと私は思います。

拍手[1回]

PR
今日から東京駅で星のカービィプププトレインが始まりました!
早速行ってきましたが、今回は商品のワゴンが二つありましたね。二つとも商品は同じで分散させる為に二ヵ所にしたのかなという感じでした。
入場整理券を貰う為に朝5時台に起きて、整理券配布の2時間前には着いたんですが、すでに人が並んでましたw皆出だし早いなあ。と思いながら自分も早いんですけど、皆さん凄いですね。
2時間前はさすがに前の順番で予約取れました。朝早く起きた甲斐はありましたね。1時間30分前ぐらいから並んでも大丈夫そうでした。やっぱり並ぶ人は多かったです。さすが、カービィ。

マホロアの展示物を写真撮影。可愛いです♪




今回は展示物がこれぐらいだったのでちょっと寂しかったんですが、可愛い展示物を撮影できてグッズも買えたので満足でした!
それにしても、本当にカービィはいつも凄い行列作りますね。カービィカフェといい、トレインといい…。愛されてますなあ。

今日の戦利品☆
アクリルキーホルダーも被らず、欲しかった柄が出たので良かったです!
 

拍手[1回]

拍手[1回]



ストーリー
サスペンス映画の巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督による60年製作の作品。
ほんの出来心から顧客の金4万ドルを横領して逃亡するマリオン・クレーン(ジャネット・リー)。街を出る際、社長に目撃されたり、警察に怪しまれたりするが、何とかくぐり抜けることに成功。一軒のさびれたモーテルへ宿泊する。経営者の青年ノーマン・ベイツ(アンソニー・パーキンス)と語り合うことで、もう一度街へ戻り、やり直すことを決心するが、本当のサスペンスはそこから始まる。

監督 アルフレッド・ヒッチコック 

有名作品ということで見ましたが面白かったです!サスペンス好きとしては楽しめました。
この監督の作品はサイコが初めてです。
まず、緊張感のある音楽。なんか焦りますねw後、聞いたことのあるあの音楽。サイコだったのかと初めて知りました。

※ネタバレあり!
















なんと、この映画の主人公マリオンという女性が前半に死にます。
主人公が死ぬって中々ないですよね。シャワーを浴びている最中にめった刺しにされて死んでしまうんですが、白黒映画なのであまりグロさはないです。
この辺は見せ方がうまいなと感じたところです。グロさはそんなにないけど、凄い殺され方してるの分かりますし、あの音楽がいい仕事してます。
他、印象に残るシーンが前半のマリオンが車で逃亡中の会話シーン。
マリオンがずっと車を運転していて、他の人間の会話が流れてくるという変わったシーンだなと思いました。会話している人をうつさないで台詞が流れますが、どんな顔とか気持ちで話してるのかなと自然と想像できて面白いと思いましたね。

後半はマリオンの妹と恋人、私立探偵が出てきて調べていくんですが、後半はハラハラ感とかドキドキ感があって、最後は驚きがあって良かったです。
マリオンを殺したのはノーマン(ノーマンがマリオンに魅かれて嫉妬したノーマンの母親)でしたが、まあイカれてました。大人しそうな感じがして実は…って怖いし。死体の片付け方がうまいし。手慣れてる感よ。
ノーマンはある事件がきっかけで(母親が愛人を殺して自殺した)解離性同一性障害になってしまい、ノーマンの体に死んだ母親の人格がいて、母親がマリオンを殺したのだと自白したのですが…。最後に母親が私が殺したんじゃない。あの子が(息子)悪いのよという言葉。どっちなんだろうと考えさせられるものでした。後、ノーマンが笑うシーンに母親の顔が重なって一緒に笑う瞬間の顔が怖かったですwこの母親ほんと怖い。
それから、犯人は絶対息子か息子の母親だろうと思ってましたが、まさかの母親が死んでいたという事実。母親が生きていると思わせられてしまったのもうまく見せてるなと思いました。
伏線はあったんですけど母親がすでに死んでるとは思いませんでした。

という感じで構成や演出が上手いなと思いましたし、音楽も合っていて楽しめた作品でした!

拍手[1回]

先日、茨城にある国営ひたち海浜公園と袋田の滝に行ってきました!
どちらも初めて行きましたが、国営ひたち海浜公園はとても広い公園でした!
今の時期だとひまわり、ジニア、コキアが見ごろでした。
春だと、ネモフィラが一面に咲いてとても綺麗だそうです。

ひまわり ひまわりの迷路もあります。


ジニア
 

コキア
 

他には観覧車もあったり遊園地もありました。自転車も借りられてサイクリングもできたりと色々楽しめる公園でした!

次に袋田の滝へ。日本三大瀑布の一つ袋田の滝です。残りの二つは、華厳の滝 栃木県。 那智の滝 和歌山県。
迫力があって凄かったですね~。間近で見られて良かったです!滝はやっぱり涼しくて暑い日にはちょうどいいですねw
ついでにアユの塩焼きも食べてきましたが、めっちゃうまい。やっぱり塩焼き美味しいです♪

袋田の滝

 

拍手[1回]

   次のページ
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 4 5 6
8 9 10 11 12
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
min
性別:
女性
趣味:
映画鑑賞、読書、アニメ、ゲームなど
自己紹介:
マイペースに色々活動中。
ブログ内検索
最新コメント
[05/09 min]
[05/08 卸]
[04/30 min]
[04/30 卸]
[06/25 min]
ランキング
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村 本ブログへ
リンク

【当サイトのリンクについて】

Book of Days!はリンクフリーです。

【素敵サイト様】

浮雲
戦ヴァルブログ
何とかなれば良いと思う
アイザックの日常その他日記

【ゲームサイトとか、趣味のリンク】

大神絶景版公式サイト

読んでる本
読書メーター
min3870の今読んでる本
オススメ本
Copyright ©   Book of Days! 読書漬けな日々   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]