忍者ブログ
日常のちょっとした出来事から、読んだ本(ジャンル問わず、新旧含む)映画などの感想ブログです♪
[621] [619] [618] [617] [616] [615] [614] [613] [612] [610] [609
スノーホワイト [DVD]


ストーリー
スノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、マグナス王と王妃に大切に育てられた外見も心も美しいプリンセス。しかし、母亡きあと、新しい王妃に迎えられたラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)に父王を殺されたスノーホワイトは、国を乗っ取られ、7年間の幽閉生活を送ることになる。
一方、女王ラヴェンナは魔法の鏡にいつも問いかけていた。「鏡よ、鏡。この世でいちばん美しいのは誰?」「もちろん女王様です」しかしある日、鏡はこう言った。「この世でいちばん美しいのは女王様ですが、やがてあなたよりも美しい娘が現れます。その時、娘の心臓を食べれば、あなたは永遠の美と若さを手に入れ、不死身となるでしょう」その娘が自分の継娘スノーホワイトと知った女王は、彼女を殺そうとするが、闇の森へ逃げられてしまう。女王は森に詳しいハンターのエリック(クリス・ヘムズワース)を雇い、刺客として解き放つ。
だが、スノーホワイトは彼と手を組み、危険をかわしながら、たくましく生きる能力を身につけていくのだった。女王はその後も、あの手この手でスノーホワイトを追跡、罪のない命と自然を破壊していく。すべては自分のせいと心を痛め、たとえ地の果てまで逃げても女王の魔の手から逃れられないと悟ったスノーホワイトは、抵抗軍を組織し、女王を倒すべく進軍を開始する……。

映画館で見たかったんですが、結局見れなかったのでツタヤで借りてきました。
で、見終わった感想としてはすっげえ微妙でした。
面白くはなかったです。以下、詳しく書いていきます。

良かったところ。

映像は綺麗でした。
女王、ラヴェンナ役、シャーリーズ・セロンは良かった。


悪かったところ。

・ストーリー
戦う白雪姫はいいんですよね。が、戦闘に重点を置きすぎて、登場人物の内面描写が全く描かれていない為、登場人物に感情移入できない。
しかもストーリーがぶつ切りのような感じで、なんでそうなったのかが分からない。謎の場面多し。
ご都合主義的な展開。中途半端なストーリー展開。
映像的にグロイ…気持ち悪いものが多かった。説明省きすぎ。なんでそうなったし。

・キャラクター
スノーホワイト。あまり喋ってないお姫様。そのため、何を考えているか、なんでそう思ったのか?というのが全く分からない。癒しの力があるみたいな事があったけど、小人の痛風が治ったぐらいで後は癒しの力は出てこず。何の為の力なのやら。

女王ラヴェンナ。とても悪役らしい悪役。スノーホワイトを追い詰めようとやっきになったり、なんだかんだ言いながら弟を大切にしていたりと人間味あふれる唯一の悪役。

フィン。女王の弟。行動がおバカすぎる人。わざわざ、エリック(狩人)にバラさなくて良い情報をわざわざ親切に教えてくれるおバカさん。

エリック。エリックって名前出てきたっけ?まず、エリックって名前だったけーっていう。キャラ的には存在感は薄くありませんでした。妻がいたわりにフィンが自分が殺したって言っても冷静。とりあえず、もっとスノーホワイトとかウィリアムと絡めっていう。喋れっていう。感情表現をしろ。

ウィリアム王子。この人の方が存在感は薄い。てっきりエリックと三角関係になると思いきや、何も無い。
王子ももっと絡め、喋れ。言いわけするな。

小人たち。
小人の名前が一部しかわからない。他小人との絡みがあまり無い。個人的には好きなんだが…親子小人とガスぐらいしか愛着が持てない。

・その他
スノーホワイトが抜けだした先に白い馬。なんでやねん。あの鳥たちが呼んだのかなと推測しますが。

黒い森。何で女王の魔力が及ばないのか。黒い森って何なのか。スノーホワイトが見たのは幻覚?胞子みたいなのを吸うと幻覚を見る?

小人たちの場面で大きな白鹿。……
シシ神さまぁぁぁ!
あの場面は何で、シシ神様でてきて、わざわざ矢で撃たれてしまったのか。特に何かするわけでもなく、まるでもののけ姫のような展開に…。

妖精さん。もっとかわいいかと思ったら、ハリーポッターに出てくるゴラムに似ていたorz
どういう役割なのか分からない。後、キノコに目玉ついているのキモイ。

ウィリアムとエリックのキス。
ここからはネタバレなので、隠します。反転。
毒リンゴで倒れた後、どっちともキスするんですけどエリックのキスで目覚めました。
待て。王子様のキス=エリック?ウィリアム王子は駄目?何で?
とりあえず、エリックのキスで目覚めるような愛情をいつ育んだのか。そんな描写、シーンは無かった。
まず、それに疑問。毒りんご食べる時にウィリアムに化けた女王とキスしたくせに、なんなんですか。


ラヴェンナとの対決シーン。
ラヴェンナが炎に自ら焼かれるのが分かりません。私は不死身なのよアピールなんでしょうか。わざわざ自分から炎で焼かれんでもw
最初のシーンでしたが、乳白色のお風呂の意味は?

戦闘シーン。
アリスインワンダーランドのスタッフと一緒のせいか、戦闘シーンが似ているなーと思った。特に目新しさは無かった。

・総評
色々説明省きすぎ。内面を描いていないので、いつの間にそんな関係になったのか?会話がとにかく無い。ひたすら追っ手との逃亡と戦闘シーンのみに力を入れている感じ。
三角関係になると思いきや、何も無いし。ジブリに似たようなところがあったり、その他モロモロのせいであまり面白さが無く、とても残念な作品。期待しただけあって残念すぎますね。面白くない作品でございました。





拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
min
性別:
女性
趣味:
映画鑑賞、読書など
自己紹介:
大雑把で気分屋。マイペースに活動中。
ブログ内検索
最新コメント
[06/25 min]
[06/24 ごじょる]
[06/19 映画ログ]
[06/13 min]
[06/13 映画ログ]
ランキング
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村 本ブログへ
リンク

【当サイトのリンクについて】

Book of Days!はリンクフリーです。

【素敵サイト様】

浮雲
戦ヴァルブログ
何とかなれば良いと思う
アイザックの日常その他日記
仙台名物せがわっこ

【ゲームサイトとか、趣味のリンク】

大神絶景版公式サイト
大神伝~小さき太陽~公式サイト
アニメ動画倉庫.com


読んでる本
min3870の今読んでる本
オススメ本
Copyright ©   Book of Days! 読書漬けな日々   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]